ここのエリアは広告枠です、DMください。(月/3.9MONA)

プルーフオブワーク(POS)とは?

スポンサーリンク
proof of stake 初心者ガイド
proof of stake
スポンサーリンク

おはこんばんちわ。
仮想通貨の承認方式の一つであるProof of Stake/プルーフオブステーク【POS】
この記事ではPOSについての詳細と、実際にやってみた方法等を紹介致します。

 

 

 

Proof of Stake/プルーフオブステーク

Proof of Stake/プルーフオブステークは略称をPOSと呼びます。
その他の代表的なProof of Work/プルーフオブワーク【POW】についてはこちらの記事で紹介しています。

仮想通貨マイニング|仕組みや方法、実際に儲かるのか経験者が語る。

 

 

 

POWとPOSは承認方式

POWやPOSはブロックチェーンシステムで使われる承認方式です。
仮想通貨は価値を裏付ける大事な承認作業に色々な方式を採用しています。
理由として、悪意のあるユーザーの排除や不公平を無くす為です。
POSはその中の一つで、仮想通貨で始めて導入されたのはPeercoinでした
Peercoin公式サイト

 

 

 

POSはCoinAgeによって確率が変わる。

POWの場合、承認出来る確率を高める方法は計算処理能力を上げるだけでした。
POSの場合はコインの保有量と保有期間によって承認出来る確率が高まります。
また、保有量と保有期間の事をCoinAgeと呼び、CoinAgeが高ければより承認が出来、その分報酬が増えます。

この報酬体系をPOWの場合はマイニング(採掘)
POSの場合はフォージング(鋳造)と呼んでいます。

POSの場合は承認作業をする人をランダムで選びます。
その確率はコインの保有量に比例する仕組みになっていて、コインを沢山持ってる人程、承認作業を任されフォージング出来る仕組みです。

 

 

 

POWとPOSのハイブリット型もある。

単純にPOWとPOSでそれぞれの報酬が設定されているコインもあります。
コイン発行初期の段階では、コインの所有量が多くの人に行き渡ってないので同時にPOWのマイニングが出来るコインもあります。

また、POWでマイニングをする際にCoinAgeによって採掘難易度を変更する難易度調整アルゴリズムも存在します。

 

 

 

 

POSのメリット

POWとは違う方法のPOS
メリットはどんな物があるのでしょうか?

 

1、消費電力が少ない。

POWの場合は計算処理に電力を使います。
POSの場合は無駄な計算はせず、最低限の電力で承認作業を開始します。

 

2、51%攻撃に強い

POWの場合に懸念されている51%攻撃。
51%攻撃とは、悪意のある人間がそのコインの51%を支配してしまうと、改ざんが可能になってしまうという攻撃。
POSの場合は過半数のコインを取得するのが難しい為、51%攻撃に強いと言われています。

 

3、承認スピードが速い。

POWの場合は計算をしている為、その分処理が多く時間がかかります。
POSの場合は、誰が承認作業をするか速く決められる為その分承認スピードが速くなり、結果的にPOWに比べて短時間で多くの取引を処理出来ます。

 

 

 

 

 

POSのデメリット

メリットは沢山ありましたが。
同時にデメリットもあります。

 

1、貧富の差

多く通貨を保有している者程、多く報酬を貰えるので貧富の差が拡大していきます。
ただしPOWの場合でも電気代やハード代がかかるので結局は同じなのでは無いかとも言われています。

 

2、Nothing at Stake

通常POWの場合は一番長いブロックチェーンが正しく、全員がそのチェーンを繋げようとします。
理由として、POWは電力とハード(CPUやGPU)を使うので、間違ったチェーンを繋げて報酬が無くなり、電気と処理能力を無駄にしたくないからです。

POSの場合はコインを持っているだけでいいので、必ずしも一番長いブロックチェーンだけを承認しなくてもデメリットが少ないです。
なので、分岐したチェーンを同時に承認する事が多くなりチェーンが分岐しやすいという不都合があります。

 

 

 

 

実際にやってみた。

実際に購入したコインでPOSのフォージングをやってみました。

 

POSの始め方

  1. その通貨専用のウォレットソフトをDLする。
  2. 通貨をどこかの取引所で購入しウォレットソフトへ送る。
  3. ウォレットソフトをステークモードに設定する。
  4. ウォレットを起動状態で更にネット接続させたまま放置。

こうする事によって、どんどんコインが増えていきます。
え、そんな簡単なの?超儲かるじゃん!と思いました?
自分も最初そう思いました。
でも、よく考えて見てください。
自分だけが増えてるのではなく、参加者全員のコインがどんどん増えていきます。
増えればその分も含めて更に増えるので複利です。
そのPOSコインのプロジェクトが最初から魅力的で優秀であれば、価格は上がるでしょうが、大抵は増え続けるコインの売り圧力に負けて値段は下がり続けます。
なのでPOSコインで儲ける為には
コインが発行されてすぐに大量買いして保持する。

これしかありません。
POSコインはねずみ講的な側面もあるので普通のコインよりも勧誘が多いです。
利点だけ見て飛びつくと、ただの養分にされるので注意しましょう。

 

VIPSTARCOINでやってみた。

VIPSTARCOINで実際にやってみました。
コインの詳細については以下の記事で紹介しています。

 

ビップスターコイン(VIPS)|ニュー速VIP発コイン!購入して寄付してみた!

 

ウォレットをダウンロードして同期します。
同期後にコインを送金して、ウォレットを暗号化しましょう。
暗号化の後には必ずバックアップを取りましょう。

右下の部分の雷マークの所にステーキングの情報が表示されます。

コインを送金して、しばらくしないとステーキング状態になりません。
以下はステーキングしていない状態。

ノットステーキング

しばらく起動したままでいると、以下の様にステーキング状態になります。
この状態でPOSのフォージングが開始されています。

 

 

POSまとめ

  • POWと違い報酬体系を持っている。
  • 通貨の保有枚数と保有期間(CoinAge)によって確率が決まる。
  • CoinAgeによって採掘難易度が変わる物もある。
  • メリットはPOWと比べて消費電力が少ない。
  • デメリットは貧富の差が大きく不公平。

 

 

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました