たった30秒しかないボカロ曲なのに・・・?>>

CryptoDredge|マイナーツール変更でハッシュレート増加!!

スポンサーリンク
CryptoDredge マイニングについて
bitbank
コインチェック

こんにちは、ちょめじです。
今日は、新しいマイナーツールを調べてみました。
CryptoDredgeという名前でLyra2REv2でのハッシュが上がるとの事で試してみました。
結果的にGTX107039Mh/s48Mh/sまで上がりました。
※執筆時現在のバージョン0.7.0

 

 

CryptoDredgeとは?

2018年5月頃にBitcointalkの記事内で発表されたマイニングツールです。
Dredgeの意味を調べた所【浚渫/しゅんせつ】という意味らしいですが、そもそも【浚渫】すらよくわからない。

浚渫水底をさらって土砂などを取り除くこと。

暗号通貨を金に例えるならば、なんとなく雰囲気がわかる気がします・・・。
ひとつおりこうさんになったよ!!!レッツ!しゅんせつ!!

 

 

CryptoDredgeの特徴

CryptoDredge

メリットもデメリットも含めて、特徴がいくつかあります。

  • Lyra2REv2のハッシュレートが高い。
  • NVIDIAGPUのマイニングツール。
  • ツール使用手数料が採掘量の1%かかる。

注意としては手数料が1%かかります。
実際に採掘した量から1%というよりは、1時間に1回?開発者の為に採掘するみたいです。

 

CryptoDredgeで使えるアルゴリズム

使用出来るアルゴリズムがいくつかあります。
よく使われるアルゴリズムは【Lyra2REv2】や【NeoScrypt】ですかね。

  • Allium
  • Lyra2REv2
  • Lyra2z
  • NeoScrypt
  • PHI1612
  • Phi2

 

 

 

必要なシステム環境

ツールを使うのに必要な環境です。
この辺は、既にマイニングをしてるPCであれば問題なさそうですね。
新しく作成する場合は参考にしてみて下さい。

 

 

 

実際に使ってみた結果

実際に使ってみました。
使用環境は以下。

  • Windows10
  • GTX1070【Palit】
  • Power Limit 65%
  • Temp Limit 75
  • Core Clock +100
  • MemoryClock 0
  • Fan 80%

ccminer2.2.4を上記条件で使ってましたが、ツール側表示で39Mh/sが最高値でした。
CryptoDredgeだと、48Mh/sとか出てます。
ほんとかよって感じなので、使ってる方いたら教えてください。

 

 

 

 プール側でのハッシュレートは?

ツール側でハッシュレートが出ても、プール側で表示が少なくなる場合があります。
VIPPOOLでの表示を見てみます。

 

 

 

ccminer2.2.4で接続したハッシュレート

大体150Mh/sが平均です。
確かGTX1070が5枚とGTX1060が1枚だったと思います。
ツール側表示は220Mh/sだったので、大分低く表示されています。

 

 

 

CryptoDredgeで接続したハッシュレート

平均が250Mh/sぐらいまで上がりました。
使用枚数も、使用環境も全て同じです。
ツール側での表示は大体255Mh/sなので、プール側とほぼ同じ数字ですね。

 

 

 

 

vippoolでの使い方。

vippoolでの利用方法は、まずvippoolで登録をしてからワーカー情報を作成して、その情報を元にマイニングツールフォルダ内にbatファイルを作成します。
以下の文に【ユーザー名】【ワーカー名】【パスワード】を入力すれば起動します。

 

CryptoDredge -a lyra2v2 -o stratum+tcp://stratum1.vippool.net:8888 -u ユーザー名.ワーカー名 -p パスワード

 

 

 

他のプールの場合

以下はZergpoolに接続しネオスクリプトのアルゴリズムのGBXを掘った場合です。
ウォレットアドレスだけ追加すればOKですね。

CryptoDredge -a neoscrypt -o stratum + tcp://neoscrypt.mine.zergpool.com:4233 -u WALLET_ADDRESS -pc = GBX

 

 

 

CryptoDredgeコマンドライン一覧

コマンドライン一覧です。
よく使うのは【-d 0】等でGPU単体起動する方法や【-i 22】等でインテンシティの設定等でしょうか。
最初の頃、全然知らなくて困ったので一覧を記載。

-v, –version       Print version information
-a, –algo          Specify algorithm to use
allium
blake2s
lyra2v2
lyra2v2-old (see the Lyra2REv2 Issues item)
lyra2z
neoscrypt
phi
phi2
skein
skunk
-d, –device        List of comma-separated device IDs to use for mining. IDs are numbered 0,1…,N – 1
-h, –help          Print help information
-i, –intensity     Mining intensity (0 – 6)
-o, –pool          URL of mining pool
-p, –pass          Password/Options for mining pool
-u, –user          Username for mining pool
    –log           Log output to file
    –no-color      Force color off
    –no-watchdog   Force watchdog off
    –cpu-priority  Set process priority in the range 0 (low) to 5 (high)
    –api-type      API type {ccminer-tcp (TCP) | ccminer-ws (WebSocket) | off}
-b, –api-bind      IP:port for the miner API, 0 disabled

 

 

その他公式情報等

ツールのダウンロードは公式ページ右上の【ダウンロード
もしくはビットコイントークの記事内の【Download/Mirror
よりダウンロードしてください。
※リンク先でのダウンロードは自己責任でお願い致します。

公式ページ
ビットコイントーク/BitcoinTalk記事
テレグラムチャンネル
テレグラムグループ

 

 

CryptoDredgeまとめ

実際に使ってみて、ここまでハッシュレートが上がるとは思いませんでした。
ただ、発表されてから数ヶ月のマイナーツールなので安全性や信頼性についてはわかりません。
でもマイナーツールってそもそも怪しいし、とりあえずハッシュレート上がったし良いよね!っていう感覚で生きている俺はいつか身を亡ぼす。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました